妊娠した時に親へ報告するタイミングについて

妊娠を知った時は嬉しさのあまり、すぐにお互いの両親へ報告したいと思う人が多いと思います。
しかし、妊娠はとてもデリケートなことなので、どのタイミングで周りへ伝えるかはとても難しい問題です。

出産までは何が起こるかわかりません。流産や早産になってしまう可能性もあります。
お互いの両親に悲しい思いをさせないためにも、妊娠を伝えるタイミングは慎重に考えた方が良いと思います。

不妊治療でやっと赤ちゃんを授かった時、切迫流産の診断も受けました。幸いお互いの両親が遠方に住んでいたので、医師からの安静指示やつわりを知られずに済みました。

なかなか妊娠しないことで、特に母にはたくさん心配をかけました。一日でも早く連絡したいと思っていましたが、流産した時のことを考えて安定期まで待つことにしました。

義母には、安定期に入ってから連絡することを最初から決めていました。
義母は、嬉しいことや楽しみなことを秘密にできないタイプなので、すぐ周りに教えて話が広がってしまうことは容易に想像ができました。
もし流産した時、たくさんの人に知られてしまうことは避けたかったので、安定期に入るまで内緒にしていました。

安定期に入り、不安要素がなくなったので報告することになりました。
実際にその時がくると、緊張と気恥ずかしさでなかなか言い出すことができませんでした。

安定期を過ぎてからの報告だったので、連絡が遅いと不満を言われましたが、新しい命にとても喜んでくれました。それぞれの表情は見れませんでしたが、電話口から喜びが伝わってきました。

私達夫婦は、子供はひとりだけと決めていたので、一生に一度の大切な報告ができたことに私達も大きな喜びを感じました。

親は子供の妊娠をなるべく早く知りたいと思います。
少しでも協力したいという子供を想う気持ちからです。

子供は、なるべく心配をかけたくない気持ちから伝えるタイミングを見計らいます。

しかし、どのタイミングで報告しても心から喜んでくれるのが親なんだと思いました。

妊娠していても温泉を楽しむことは出来ます

よく妊娠中に温泉に入るのは危険であると言う話を耳にしますが、入ってはいけない訳ではありません。自分自身に責任を持って気を付けて入れば良いのです。では何に気を付けて入れば良いのでしょうか。危険なのは、滑って転ぶこと、お腹が張ってしまうこと、のぼせて脱水症状になってしまうこと等です。特に転んでお腹に衝撃を与えてしまったら、お腹の赤ちゃんにも危険が生じてしまう場合があるので最も注意が必要です。それらを注意しながら入れば、妊娠中でも温泉を楽しむことは出来ると思います。私は温泉が大好きなので、妊娠中もよく主人と2人旅行に行って入りました。安定期だけではなく、妊娠初期でも入っていました。一番印象に残っているのは、長崎県の軍艦島に行った時に泊まったホテルで入った温泉です。昼間はずっと外にいたので、温まることで疲れも取れて心も身体も癒されました。私は熱いお湯が苦手なので、少しぬるめの浴槽もありゆっくりと温まることが出来たので良かったです。忙しいとあまりゆっくりと過ごせないので、お風呂でのリラックスタイムは大好きです。普段は入浴剤を入れて、その気分だけでも味わっています。特に大好きなのは、濁り湯です。市販のものでもとてもいい香りでリラックスすることは出来ます。特にお腹が大きかったときは、焦らずにゆっくりと入っていたのを今でも覚えています。それで充分と言えば充分なのですが、だけどやっぱり毎日同じ家のお風呂では飽きてしまったりするのです。そしてたまにはお外のお風呂に入りたいと思ってしまうのです。なので私は、旅行に行った時だけではなく、普段も近くの銭湯などに行くことが良くあります。妊娠中でも、近くの温泉施設を見つけては入りに行っていました。私はお腹が張ることはあまりなかったのですが、お腹が大きくなるにつれて足下が見えにくくなるので、転ばないようにといつも注意はしていました。そして今では、当時お腹の中にいた子供と2人で様々なお風呂を楽しんでいます。

妊娠中なら枝豆を食べ過ぎないようにしよう

 日本人は枝豆が大好きです。ビールのおつまみの定番であり、子供にしても塩ゆでにしたものを気がついたら一皿ぺろりと平らげていた、という話は珍しくありません。
 また、枝豆は鉄分やカルシウムといった、人体に欠かせない栄養素を複数含んでいます。そのため、妊娠中の女性が健康によいからと好んで食べる傾向にあります。
 私の知人女性もその一人でした。彼女は普段から貧血気味なところがあるので、がんばって摂取しようと考えました。親族にそれを栽培しているところがあり、そこから美味しい枝豆が入手できるという環境も、それに拍車をかけました。
 しかし、そこに落とし穴があったのです。彼女から聞いた話を、順を追って説明していきます。

 彼女は旦那さんと一緒になる前から、子供の名前は何にしようかと考えるほどの子供好きでした。いわゆる大家族にあこがれていたのです。
 そんな彼女が妊娠すると、何としても立派な子供を産まねばならないと、はりきりました。しかし貧血気味なところがあるため、一抹の不安があったのです。
 そんなときに目についたのが、枝豆を食べると健康によいという話でした。
 彼女の親戚は農家で、それを毎年栽培していました。そこから譲ってもらおうと思い立ち、連絡を入れました。
 話を聞いたその親戚も、ならばとばかりに希望の品を大量に送ってくれました。
 望みの品を手に入れた彼女は、その日から毎日のように塩ゆでしたそれを食べ、元気な子供が生まれるようにと祈願したのです。
 しかし、何事も極端に走るとうまくいきません。これはあまり一般に知られていない話なのですが、食物繊維はあまりとりすぎると、便秘になるのです。彼女はその落とし穴に見事にはまりました。
 また、担当医に高血圧になりつつあるとの注意を受けました。どうやら枝豆をゆでるときに使う塩がいけなかったようです。貧血を克服したら高血圧になっていた、というのでは洒落になりません。
 彼女はどうにか無事に出産を終えましたが、何事もほどほどにした方がよいという教訓を得たと語っていました。
 私は微苦笑して応じるよりありませんでした。

妊娠へ向けて摂取している栄養素は色に着目している

将来、結婚を意識しているパートナーと妊活を行っています。妊娠するにも適齢期ではあるものの、年齢だけではなく、私の場合には体質などが影響しているようで、なかなか妊娠ができにくい体のようです。そこでパートナーと妊娠しやすい体作りを行っています。特に重要なのは食べる物であり、栄養素にも様々な特徴があります。私の場合には体温が元々から低く、体温を上げることをポイントとした食事の質の向上を図っています。体温が低い状態では血行も悪くなっているため、卵巣に必要な栄養素が届かず、私の場合は卵巣機能が低下してしまっています。妊娠中においても体を冷やさないことが大切でもあり、新陳代謝を活発化してくれる食べ物を意識しながら食べています。特に生姜やゴマなどは意識的に摂取している食品の1つです。妊活中でも定着した後でも、インスタント食品などを極力利用せずに栄養バランスに偏らない色合いを大切にしています。色を意識するだけで必要な栄養素がしっかり1食の中に含まれる魅力があり、知識が乏しい私にも手軽に取り入れられる内容です。まずは良質なたんぱく質は必須で、血液を作ったり、骨や筋肉などの体を形成するための栄養素です。赤や黄色の食品に含まれていて、牛肉や鮭、トマトやパプリカ、さらに女性ホルモンと似た働きかけを行う大豆イソフラボンを含む納豆などがあります。主食としての色である白色はエネルギー源になるため、ある程度量を制限しながら食べています。さらに妊娠した後も不足しやすいのがビタミンやミネラルで、緑色や黒色に多く含まれているため海藻類やきのこ類もしっかり摂取しています。緑黄色野菜には妊婦にとっても重要な葉酸を多く含んでいたり、赤色には鉄分が含まれているので低血圧でもある私には必要な成分でもあります。特に鉄分やカルシウムは不足しやすく、活動中にはチーズや牛乳などの白色もしっかり摂取しています。この色に着目した食生活を送るようになってから、めまいや体のだるさが抜けて、代謝もアップしています。

妊娠中に塩分をとりすぎるのは危険だから注意

 塩分の過剰摂取は褒められた行為ではありません。これは高血圧を引き起こし、ひいては身体に多大な負担を強いることになるからです。
 しかし、妊娠中の女性となると、つわりなどを理由に偏食になるため、追訴のことを忘れる傾向にあるようです。
 私の知人女性もその一人でした。今回はその彼女が体験した話を紹介します。

 彼女は元々塩気のある食事が好きでした。出身地が味の濃いメニューを出すことで知られる地域であったため、薄味だと何を食べているのか分からなくなる、というのが口癖だったのです。
 それは結婚してからも同じでした。彼女の夫は料理に関しては何も言わない方でしたので、改善されることはなかったのです。
 しかし、そんな彼女も妊娠すると、少し反省しました。偏ったメニューだと胎児に悪影響があるのではないかと心配し、野菜中心のそれに切り替えることにしたのです。
 ちょうど世の中が健康食ブームだったこともあり、情報や必要とされる素材の入手はそんなに難しくありませんでした。
 彼女はサラダのドレッシングを自己流にアレンジしたり、健康によいとされていた豆類を塩ゆでにしたものを積極的に食べるようにして、胎児を気遣ったのです。
 しかし、野菜中心の食事にすれば万事解決となるほど、世の中は甘くありませんでした。
 検査中に彼女は医師から高血圧になっているとの指摘を受けたのです。
 それまで好んで口にしてきたものを控えてきたのに何故と、彼女は訝しみましたが、答えはさほどの間を置かずに明らかとなりました。
 サラダのドレッシング、そして塩湯でした豆類の中に、大量の塩分が含まれていたのです。
 妊娠中期を迎えると、お腹がすいたからとたくさん食べる人がいますが、彼女もその口でした。一日あたりの食物摂取量が増えた結果、気がつかない間に塩分も大量にとっていたのです。
 薄味のものに切り替えさえすれば、問題は起きないと彼女は信じていたそうです。
 私は途中で気づいたのだし、大事にはならなかったのだからよかったではないかと彼女を慰めました。